株を暴騰直前に見抜き
2億円手にした投資法とは・・・

一刻も早く現金が欲しいあなたへ・・・

もし、あなたが3つの約束を守ることができる!!
と誓えるのであれば、チャートに張り付き
毎日必死で勉強している投資家を横目にウスラ笑いを
浮かべながら週1回の取引で月利220パーセントを
今も継続的に達成し続けている総資産2億の男の投資法を
公開するのですが・・・

まず初めに私の株式口座画像をご覧ください。
これらをはじめ私が2億円以上のお金を市場から奪ったのか・・・
その手口の全てを公開させていただきます

2億を作った仕手株の儲かる銘柄見分け方投資法の秘密とは・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
株を暴騰直前に見抜き
2億円手にした投資法とは・・・

一刻も早く現金が欲しいあなたへ・・・

もし、あなたが3つの約束を守ることができる!!
と誓えるのであれば、チャートに張り付き
毎日必死で勉強している投資家を横目にウスラ笑いを
浮かべながら週1回の取引で月利220パーセントを
今も継続的に達成し続けている総資産2億の男の投資法を
公開するのですが・・・

まず初めに私の株式口座画像をご覧ください。
これらをはじめ私が2億円以上のお金を市場から奪ったのか・・・
その手口の全てを公開させていただきます

2億を作った仕手株の儲かる銘柄見分け方投資法の秘密とは・・・


先物って、株と違って怖くないですか?

>>>勝率91%! 2つの数値で毎日3万円をもぎとる日経225先物トレード



「もしかして、明日から株価は上がり始めるんじゃないか…?」と、かすかな希望を抱いて、「信用口座の継続」のお願いをします。
とりあえず、審査結果は「OK」が出ます。


しかし、株価はズルズルと下がっていくばかりで、また「追証」の繰り返しです。

やむなくサラ金で借りて追証に充てますが、その後も8回「追証」を発生させてしまいました。
最後の「追証」の額は、777万2,050円でした。

まず、親に頼んで300万、残り477万円は、またサラ金から借りました。

総負債額は、800万円超…


そして、信用口座の継続審査結果は…、
   閉鎖…
「信用取引」といのうは、証券会社から、お金を借りて行なう取引ですから、証券会社に「お前には、もう貸さない。ブラックリストだ!」と言われた訳です。
私は、残った「塩漬け現物株」も処分してしまい、100万円だけ資金として残し、サラ金に一部返済、親への返済は待って貰うことにしました。


「何とかして、この100万円を増やして、借金を返済しなければ…」
でも自分の知識は、株くらいしかない…。
リスクを少なくし、勝率が高いものでないと、なけなしの100万円も失ってしまう。


そこで、「雑誌ZAI」 http://www.zai.ne.jp/ で知ったのが、「日経225先物」の世界だったのです。

そして、自分なりに徹底研究し、91%という高い勝率、リスクが少ないトレード方法を確立し、借金を全て返済できました。
先物は、怖い???(よくある質問)



>>>勝率91%! 2つの数値で毎日3万円をもぎとる日経225先物トレード



■ 先物って、株と違って怖くないですか?

いいえ、むしろ株より安全です。

あなたは、「卵を一つの籠に盛るな」という株の格言をご存じでしょうか?
日経225先物は、東証1部上場の「一流企業225社」の日経平均指数となります。
いわば、「225銘柄に分散投資している」のと一緒です。


■ 先物って、商品先物とかも怖いって言いますけど?

はい。私も「商品先物」は怖くて手が出せません。

また株の格言になりますが、あなたは「遠くのものは避けよ」という格言をご存じでしょうか?
私は、東京ガソリンとかとうもろこし、小豆とか言われても、その相場での値段が高いのか安いのかなんて全然わかりません。

とうもろこしとかは、スーパーで売ってる奴じゃなくて、飼料用のですよね?
私は、とうもろこしなんて、お祭りのテキ屋さんからしか買ったことがありません。

コーヒーとか、ブラジルの天気に左右されるんですよね?
日本の天気予報だって外れるのに、ブラジルの天気予報なんて私には出来ません。
(商品先物をやっている方がいたらすみません。あくまで、「私」にとっては、「商品先物は遠くのもの」というだけです。)


■ いくら225社への分散投資と言ったって、相場全体で下がったりしますけど…?

その時は「売り」から入り、「高く売って、安く買い戻せば」、利益になります。

このあたり、株の信用取引を理解していない人にはわかりづらいと思いますが、株は「安く買って高く売る」だけではなく、「高く売って安く買う」ことも出来ます。
(株を持っていないと売れないはずですよね。株は証券会社から借りて売るのです。そして安く買い戻して、証券会社に返します。その差益が利益になります。)

日経225先物は、信用取引同様「買い」でも「売り」でも利益を出せます。


>>>勝率91%! 2つの数値で毎日3万円をもぎとる日経225先物トレード





■ 株の信用取引は、買えば利息もかかるし、売れば「逆日歩」という利息が付く事もあるらしいけど、先物は?

実は、日経225先物には、何日持っていようと利息は一切かかりません。
(期限はありますが)

これは、株の信用取引と比較して、圧倒的なメリットです。

そもそも、株の信用取引は、担保として現金または現物株を預けているのに、それには利息を一切付けてくれず、逆に利息を徴収するんですから、何か変ですよね?

今回の手法は、当日中に売買を終了させますので、何も問題有りません。


■ そもそも、株自体もやったこと無いのに、先物をいきなり初めて良いのでしょうか?

前述したとおり、実は株の方が危険なのです。

最近の例では、グッドウィル・グループや、テイク・アンド・ギブニーズでしょうか。
ストップ安の連続で、株価が下がるのがわかっていても「売れない」。

日経225先物にも、ストップ高、ストップ安はありますが、流動性が高いため、売りたくても売れない、買いたくても買えないという事は、まず有り得ません。



>>>勝率91%! 2つの数値で毎日3万円をもぎとる日経225先物トレード




■ 今は、FXの方がブームじゃないの?

実は、私はFXの口座も持っています。
でも、現在、売買は一切行なっていません。

何故かというと、FXのメリットとされるものが、私にとってはデメリットだったからです。

(1) FXは、24時間取引できる。サラリーマンでも帰宅後に取引できる。
24時間、相場が気になって気になって寝むれない。
家族団欒も出来ず、帰宅後もパソコンに張り付きっぱなし。
外国の重大指標発表に備えて徹夜。
精神的に持ちませんでした…。

(2) 24時間リアルタイムに動いているので、流動性が高い。
流動性が高いのは、日経225先物も一緒です。
しかし、FXは、「時間の区切り」がありませんので、どこが天で、どこが底か目安がつきません。
ドル高はどこまで続く? ポンド? オーストラリア・ドルは?
私は、海外旅行はハワイにしか行ったことがありません。
海外通貨は、私にとっては「遠いものは避けよ」でした。(商品先物と同じ理屈です。)
海外旅行にバンバン行っている人なら良いのかもしれません。

(3) 日本は超低金利。スワップ益がどんどん貯まる。
為替レートが下がれば、スワップ益など一瞬で吹っ飛んでしまいます。
2007年8月中旬のサブプライムローン問題による「円高」で、多くのFXトレーダーが、ロスカット(損切り)に追い込まれたのは記憶に新しいところです。

(4) 今、FXはブーム。今やらなくて、いつやるのか?
2005年も「株」ブームでした。
その時、「1億稼いだ」、「2億稼いだ」といったカリスマトレーダーは、現在どこに行ったのでしょう?
「みんながやってる」=「儲かる」ではありません。
株の格言、「人の行く裏に道あり花の山」です。
(実は、日経225先物も「mini」が登場し、ブームです。)




>>>勝率91%! 2つの数値で毎日3万円をもぎとる日経225先物トレード





■ 資金は、どれくらい必要なのでしょうか?

日経225先物(ラージ)を1枚(単位は「枚」です)売買するのに、約90万円必要になります。
(証券会社によって異なります。)

現在は、「日経225mini」といって従来の10分の1、つまり資金約9万円からも始められます。
しかし、相場に「絶対」は有りませんので、資金に余裕があるにこしたことがありません。


■ いきなり「ラージ」とか言われても、意味がわからないんですけど?

失礼しました。
2006年7月から「日経225mini」という商品が出来たので、従来のものを「ミニ」に対して、「large(ラージ)」と呼びます。


■ 他にもわからないことが一杯あるんですが?

もちろん、完全メールサポートいたします。

それに加えて「メッセンジャー」によるリアルタイム・サポート、WindowsXp、Vistaの方には「リモート・アシスタンス」によるリアルタイム・サポートもいたします。


■ 勝率91%って、本当ですか?

確かに、勝率91%は過去の実績です。
しかし、丁半ばくち(勝率50%)や、競馬等のギャンブルに比べれば段違いの高確率であることは保証します。


■ 「富裕層のスキャルピング・トレード方法」って何?

ラージ30枚以上、つまり証拠金だけでも約2,700万円を有する富裕層が行なうトレード方法について述べています。


■ なんだか「システムトレード」って、最近よく聞くんですが?

システムトレードとは、機械的な売買のことで、一定のルールに従って、取引開始時刻である朝の9時に注文し、取引終了時刻である15時10分で決済するトレード方法です。
(オーバーナイトと言って、翌日に持ち越すこともありますが、基本はデイトレードです。)

実は、私も、勝率91%の方法とは別に、システムトレードも平行して行なっております。

(追補)
2007年8月1日、日経225先物は「300円」の値動きがありました。
これは、ラージ1枚で30万円の値動きになります。
証拠金が90万円(証券会社によって異なります)とすると、たった1日で資産が1.3倍以上になった事になります。


■ 結局、このノウハウは、いくらなの? 特典は?



>>>勝率91%! 2つの数値で毎日3万円をもぎとる日経225先物トレード


お支払い方法一覧


3か月間無料「メール」サポート。
どんな初歩的な質問でも、承ります。
また「メール」だけでなく、「メッセンジャー」や「リモート・アシスタンス」でのリアルタイム・サポートもいたします。
(但し、メッセンジャー、リモート・アシスタンスによるサポートは、実質夜間や土日等になります。)

システムトレードの売買サインを、1か月間無料配信します。

当方のブログで有料配信中の「情報料1か月、2万円」のものです。

肝心の成績は、
2007年 1月 86万円
2007年 2月 85万円
2007年 3月 99万円
2007年 4月 125万円
2007年 5月 31万円
2007年 6月 32万円
2007年 7月 62万円
2007年 8月 114万円
2007年 9月 96万円
以上、9月まで、合計730万円の好成績です。(ラージ1枚当たり)

(2007年9月5日追補)
2007年9月5日、その日「1日だけで36万円の利益」を叩き出したシステムサインです。
日経225先物の「日足4本値」のExcelデータで、1996年から現在までのものを無料で差し上げます。
しかも、毎日更新し、最新のものを永久にダウンロード出来るようにしています。
あなたが、システムトレードの検証を行なう時に、きっと役に立つと思います。
(参考)
パンローリング http://www.panrolling.com/pansoft/data/では、「日経225先物ザラ場版」として、5分足等も含め、315,000円で販売しています。



>>>勝率91%! 2つの数値で毎日3万円をもぎとる日経225先物トレード
スポンサーサイト

テーマ:日経225先物・OP - ジャンル:株式・投資・マネー

14 : 49 : 58 | 日経225先物 | page top↑
| ホーム |

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

ブログランキング

人気blogランキングへ

ブログランキング


ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

FC2 Blog Ranking

ブログ王ランキング




ブログ検索☆BITZ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。