株を暴騰直前に見抜き
2億円手にした投資法とは・・・

一刻も早く現金が欲しいあなたへ・・・

もし、あなたが3つの約束を守ることができる!!
と誓えるのであれば、チャートに張り付き
毎日必死で勉強している投資家を横目にウスラ笑いを
浮かべながら週1回の取引で月利220パーセントを
今も継続的に達成し続けている総資産2億の男の投資法を
公開するのですが・・・

まず初めに私の株式口座画像をご覧ください。
これらをはじめ私が2億円以上のお金を市場から奪ったのか・・・
その手口の全てを公開させていただきます

2億を作った仕手株の儲かる銘柄見分け方投資法の秘密とは・・・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
株を暴騰直前に見抜き
2億円手にした投資法とは・・・

一刻も早く現金が欲しいあなたへ・・・

もし、あなたが3つの約束を守ることができる!!
と誓えるのであれば、チャートに張り付き
毎日必死で勉強している投資家を横目にウスラ笑いを
浮かべながら週1回の取引で月利220パーセントを
今も継続的に達成し続けている総資産2億の男の投資法を
公開するのですが・・・

まず初めに私の株式口座画像をご覧ください。
これらをはじめ私が2億円以上のお金を市場から奪ったのか・・・
その手口の全てを公開させていただきます

2億を作った仕手株の儲かる銘柄見分け方投資法の秘密とは・・・


わずか1日でマスターできる!ベトナム株投資必勝法

『ベトナム株投資の必勝マニュアル』
?これからベトナム株を始めようと思っている方、
すでに中国株をはじめ新興国投資を始めている方向け、


「基礎知識から口座開設、ファンド&銘柄選びまで」
海外投資の初心者でも、ベトナム株で儲かるための
投資スキルをわずか1日でマスターできる!」



海外投資の初心者でも、ベトナム株で儲かるための投資スキルを
わずか1日でマスターできる!ベトナム株投資必勝法



毎月株式投資で資産を増やしている友人の投資家が、先日、電話口で私にこう言いました。
「デイトレ、IPO、FX、なんかも一応やっているよ。でも、結局、一番簡単に確実に資産を築く方法は、

『経済成長国に投資して、3?5年ほど株を保有すること』

だって、知識がなくても、ほったらかしにしておくだけで、増える額が他のモノより1ケタ以上違うし!」
ポイントは、資産を5倍?10倍にする「黄金銘柄」をどう探すか・・・だね。
ベトナム株投資の先駆け エフエーグループのベトナム投資実績

* 2003年10月 初めてベトナムを視察
* 2004年4月 ベトナム株総研.COM 鏑木氏と提携
* 2004年6月 日本法人初!ベトナム(サイゴン証券)に口座開設
* 2004年8月 日本初!ベトナムファンドを組成
* 2007年2月 THANH VIET INVESTMENT FUND MANAGEMENT CORP社と提携、VIESTOCK社と提携


THAN VIET社にて THAN VIET社タイ社長
と木下順一
「ベトナム株投資セミナーの様子」
(2007/03/18 大阪にて)
エフエーキャピタル株式会社代表取締役
木下順一

生年月日昭和40年3月6日
日本大学経済学部卒
前職ING生命では、営業マネージャーとして営業所員の指導に従事。生命保険と投資信託等のリスク商品を融合させ、独自の販売手法を指導に生かす。現在は、オフショア投資に関する資産防衛コンサルティング、ベンチャー企業投資を絡めたターゲットファンドの組成、ベトナム投資に関するコンサルティングを主なビジネスにしている。ベトナム投資に関しては、3年前サイゴン証券に日本人初の口座を開設して以来、何度となくベトナムへ出向き、現地人脈を開拓するとともにベトナムファンドの組成、現地証券及び銀行口座開設のサポート、投資アドバイス業務を手掛けている。また、各主要都市にて「オフショア投資セミナー」「ベトナム投資セミナー」「新興国投資セミナー」を開催し、講師として投資助言を行っている。今後はドバイ投資を計画中。

木下順一からのメッセージが
動画でご覧いただけます。
木下順一からのメッセージを見る

>>エフエーグループのウェブサイトはこちら

新興国投資の魅力とは? 中国と比較することで見えてくる『必勝法則』

先ほどのやり取りでもあるように、経済成長する国の株価は必ず上昇するんです。ですので、発展途上にある国に対して投資を行う場合、

必ず長期運用を鉄則と考えてください。

「そんなことわかってるよ。」って声も聞こえてきそうですが。。。
そうです。当たり前と言えば当たり前のことなんですね。
それでも、これがなかなかできないことなんですよ。
特に日本人は。。。
HSBC香港のファンドマネージャの話では、昨年のインド市場の暴落時に一番クレームを言い、ファンドを売ってしまったのは日本人だそうです。
「新興国投資がわかっていない。」と嘆いていました。
それでは気を取り直して、何かとベトナムと比べられることの多い中国、ここでは中国株(H株)の本命大企業を検証しながら、ベトナムでは「どの業種で。どの銘柄に投資すべきなのか?」の基本的な考えについて説明しますね。
まずは、政府の後押しを受けてロシア、カザフスタンにも進出している中国の石油最大手企業である「ペトロチャイナ」(0857)です。
2000年4月の1.1HKDから、2007年1月には11.28HKDへ
7年で約11倍ですね。

ベトナムで考えると、ペトロベトナムドリリング(PVD)が、参考銘柄になります。

ペトロベトナムドリリング(PVD)は、2007年度から石油掘削機を導入し、近記さらに利益が4.5倍以上になる計画です。

計画通りにいくと予想PERは30倍未満となる計算で、海洋油田が豊富にあるとのことから業績の継続的な向上が見込まれます。
このように、今回は「石油」という業種を見てきましたけど、

ベトナムを代表する銘柄、業種でシェアNo1の銘柄を選ぶことがポイント

になってきます。
これまた当たり前のことかもしれませんが。。。
ベトナムはこれからも高度経済成長を続ける国です。
今は一番小さなところで波が上下しているにすぎません。
小さな波をいくつも繰り返し、また上がる。
まさに<<3歩進んで2歩下がる>>を繰り返すことで成長しているのです。

日本の証券会社を通して、自由に売買ができな今だからこそ、早くベトナム投資を始めて、大きな波を一緒につかみましょう。
マニュアルのお申し込みはこちら
ベトナムが成長を続ける理由 ポストBRICsの第一候補であるベトナム VISTAの先頭をぶっちぎるベトナム

突然ですが、ベトナムというと、どんなイメーがありますか?どんな国だと思われますか?
戦争があった国、アオザイ、社会主義国、フランスの植民地・・・たしかにそれは、われわれ日本人が知る昔のベトナムの姿です。

しかし、現在のベトナムは日本人の想像を超える勢いで成長しているエネルギッシュな国なのです。

例を挙げると、2002年から経済成長率は7.0%を下回ることがありません。
2003年には7.2%
2004年には7.7%
2005年には8.4%
2006年には8.1%
を記録しています。

人口の半分以上が20代・30代の若年層であり、今後どんどん自国内消費が増えるのも見えています。

ソニーやトヨタといった日本の大手企業も、どんどんベトナムに進出してきています。
昨今の対日感情など「中国リスクに対する回避」先としてベトナムに製造拠点を移していることも、ベトナムが今後も成長を続けるキーワードなのです。
さらに、中国などと比べて労働賃金が安く、ベトナム人の勤勉性。
石油などの豊富な地下資源もベトナムが成長する上で不可欠なキーワードです。
このように、世界中からベトナムに投資のお金が集まる理由を、さっと箇条書きにしてみると...

* ベトナム人は、とても勤勉であると言われ、労働資本が優秀なうえに労働賃金が安い。
* ベトナムは世界でも安全な国と言われ、凶悪犯罪やテロなどが発生する可能性が低い。
* 2007年WTO加盟による国際化が進み、規制緩和などによる外貨誘致が加速する。
* 8,200万人の人口が2020年には1億人突破すると言われ、所得拡大で国内消費が見込める。
* 中国の海岸沿いの南端に隣接し、中国リスクの回避先、SEANの中心に位置する地理的な優位性がある。
* ベトナムの輸出品目の第1位が原油であり、海洋石油や天然ガスなど地下資源が豊富である。

などが挙げられます。
いかがですか?
上記に挙げた理由によって、ベトナム株は今後も大きく上昇する可能性を秘めた市場なのです。
最近では、『BRICs(ブrジル、ロシア、インド、中国)』という言葉自体は定着し、次の発展途上国で経済が急成長している国々として『VISTA(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン)』を投資対象に考える人々が出てきています。
このような劇的な海外投資環境の変化の中で、

ポストBRICsの第一候補であり、VISTAの先頭を走るのは間違いなく「ベトナム」です。
マニュアルのお申し込みはこちら
ベトナムとの出会い 人生を変えた2003年のベトナム視察

ご挨拶が遅くなりました。エフエーキャピタル株式会社の木下順一です。
現在、ベトナム投資に関しては、日本法人初としてサイゴン証券(SSI)に口座開設して以来、何度となくベトナムへ出向き、現地人脈を開拓するとともにベトナム株ファンドの組成、現地証券及び銀行口座開設のサポート、投資アドバイス業務を行っております。
少しだけ、わたしとベトナムの出会いをお話したいと思います。
そもそも、われわれが初めてベトナムへ訪問したのは、2003年10月でした。
われわれという言葉を使いましたのでご説明します。
わたしは一人でベトナム株投資を始めたわけではありません。現エフエーグループ代表の上中康司がベトナム投資に興味を持ったことがきっかけで視察に行くことになりました。
最初の視察は、正直あまり期待せず、ベトナム観光に毛が生えたような軽い気持ちでの訪問だったと記憶しております。
そして、その時出会ったのが、現地の人材派遣会社で働いていた日本人、鏑木氏でした。
彼は、のちに当社のファンドアドバイザーとなり、「ベトナム株総研.com」という日本人向けにベトナム株投資情報を提供するサイトを立ち上げます。
今思えば、鏑木氏との出会いが、わたしの投資ビジネスへの道を作ってくれたのです。
当時は、外国人(特に日本人)の訪問など珍しく、手厚く歓迎されました。ちなみに最近の上場企業は殿様商売的になり、なかなか会ってくれないようです。
企業訪問といいましても、その時点での上場企業数は24社しかありません。(ホーチミン証券取引所のみ)

その中から8社訪問し、結果的に投資先をサコム通信ケーブル社(SAM)に絞りました。

それから4年。ようやく、ベトナムが投資先として、認知されるようになってきました。
たったの4年でベトナムには約5,000人もの外国人投資家が参入し、その中でも一番多い外国人は、日本人というところまで成長したのです。
さらに、ベトナムは日々変化を遂げて、情報を入手するにはそれなりのルートを持っていなければ、出遅れる可能性があるくらいに変化を続けています。
そんな中、わたしは原点に戻り考えてみました。

「これまでの投資経験を、われわれが見てきたベトナムの真実を曲げることなく伝えたい。」

ベトナム株に関する教科書を執筆しようと思い立ったのは、そんな気持ちからです。
知識されもそれほど持たずに、新興国株に手を出すのは危険です。
しかし裏を返せば、ポイントさえ押さえていれば、資産を何倍にも増やす手段があることも、事実なのです。

「なんで今、ベトナム投資なの?」と言われた数年前と違い、今度こそ、我々と一緒にベトナム投資を始めませんか?
マニュアルのお申し込みはこちら
マニュアルのお申し込みはこちら

「ベトナム株必勝マニュアル」


海外投資の初心者でも、ベトナム株で儲かるための投資スキルを
わずか1日でマスターできる!ベトナム株投資必勝法


今ご購入いただくと
2007年6月4都市で実施した「ベトナム株セミナー」DVD

執筆中に現地アドバイザーから入手したため、
本書には載せきれなかった
「緊急!特選優良銘柄4選」レポート
を「特典」として差し上げます。
さらに今回、
『ベトナム株総研.com』の協力のもと、
ベトナム株投資を始めるための有益な情報を
本書に盛り込むことができました。

本マニュアルの一部を紹介

● ベトナム株が必ず上昇する理由とは?
● 日本人がベトナム株投資を始める前に知っておくべきこととは?
● ベトナム株投資をはじめる諸手続きは?
● 資産を5?10倍に増やす銘柄とは?
● その銘柄選定をするにあたってのポイントは?
● 日本で販売しているファンドの選定ポイントとは?
● 絶対に知っておきたいベトナム株の必勝法則とは?
● 注目する業界、注目する銘柄
● この情報を手にした後に取るべき行動とは?
● 初心者でも簡単にできる投資法とは?
お支払い方法について

上記クレジットカード決済、銀行振込、コンビニ決済が可能です。

● カード決済の場合、クレジット決済を確認次第、すぐにマニュアルをダウンロードすることができます。

● 冊子版につきましては送料一律1,200円をご負担頂きます。

>>通信販売法に基づく表記

>>プライバシーポリシー


海外投資の初心者でも、ベトナム株で儲かるための投資スキルを
わずか1日でマスターできる!ベトナム株投資必勝法


マニュアルのお申し込みはこちら
初心者の方でもベトナム株投資スキルが身につく4大特典付スターターパック
特典1:2007年度版ベトナム株式市場月次レポート配布(全6回)

株式市場は日々変化しております。ご購入様へ常に最新で有益な情報を提供するため、毎月マニュアルの見直しを実施し、更新情報や最新の市場動向、そして推奨銘柄情報などをレポートという形でご提供致します。レポートに掲載する情報としては、以下になります。
・推奨銘柄の情報
・株式市場ルールなどの変更点
・株式市場の動向

※但し、この無料レポートは年内(2007年度)限定で実施致します。
※7月?12月までの全6回を予定しております。
※ご購入月にバックナンバーを含めてお送りいたします。

特典2:「ベトナム株投資セミナー」DVD提供

2007年6月に4都市で実施した「ベトナム株セミナー」のDVDをご購入様にご提供いたします。
最新の動向をはじめ、ベトナム株投資のポイントを約60分に収めております。
特典3:緊急!「特選優良銘柄4選」レポートの提供

マニュアルに載せきれなかった銘柄4選を、現在のベトナム証券市場の動向や現地で入手したIPO情報などと合わせて、約30ページのレポートとしてまとめ上げました。
木下が現在一押しの推奨銘柄として、自信を持って読んでいただきたいレポートです

特典4:バージョンアップ版の無償提供(随時更新)

世界情勢や株式市場の変化によって、マニュアルを随時改訂していく予定にしております。
大幅な変更を含むバージョンアップ版が提供され次第、無償でご購入様へご提供致します。
マニュアルのお申し込みはこちら

最後に

株というのは手を出しやすく、売り時を間違わなければ、それなりに資産も増えるものです。
一番いい時期に持っていたいのは人の常ですが、株価は必ず上下に動きます。
しかし、新興国の株、ベトナム株に関しては、少し下がったからといって、
すぐに投売りしたりするようなことをしないで欲しいのです。

じっくりと長期投資で大きな波をとらえてください。

ファンドにしてもそうです。
少し暴落が続いたからといって、慌てることはありません。
なぜなら投資先のベトナムは新興国、これから間違いなく成長を続ける国だからです。

目先の上下にばかりとらわれず、
大きな気持ちで勝負をして欲しいと思います。

わたしもまさか、ここまでベトナム株がブームになるとは考えていませんでした。
40年前の日本の高度経済成長期と非常に似ている・・・
おまけに同じアジア圏の、もっとも似た文化のある国です。
人種に違いはあれども、今後も上昇トレンドであることに違いはありません。
タイムカプセルに乗った気持ちで、ベトナムを見てください。
きっと面白いものが見えてくるはずです。



海外投資の初心者でも、ベトナム株で儲かるための投資スキルを
わずか1日でマスターできる!ベトナム株投資必勝法
スポンサーサイト

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

16 : 15 : 38 | 株投資必勝法 | page top↑
| ホーム |

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

ブログランキング

人気blogランキングへ

ブログランキング


ブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

FC2 Blog Ranking

ブログ王ランキング




ブログ検索☆BITZ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。